価値を「作る」ということ。scopeというネットショップから見えたプロモーション

scopeさんについて最近思ったこと。お客さん目線とプロモーションに関わる人の目線の混在なのでマニアックな記事になるかも。

scopeっていうネットショップ知ってる?知ってるよね?

価値を「作る」ということ。scopeというネットショップから見えたプロモーション

BY:scope


北欧雑貨好きな方には説明するまでもなく「scope」というネットショップがあります。
有名ブランドとタイアップし、次々とオリジナルプロダクトを発表し続け、うまくインターネットと融合し、FBページが35万いいねという驚異的なネットショップです。言わずもがな。

自社サイトと楽天市場で出店していて、楽天のショップオブザイヤーにも何度も輝いています。

私もFBで情報を定期的に受け取っているし、インスタもシャチョウのTwitterもフォローしてるし、新製品が出たら目を皿のようにして商品ページを見て、予算とにらめっこしたりします。

もうほんとあすこのソーシャル運用の設計誰がやってんだよって思う。インタビュー記事とか読みたい。しれっとリスティング広告運用までやってるし!

スポンサーリンク

scopeのプロダクト大好きです

価値を「作る」ということ。scopeというネットショップから見えたプロモーション
我が家のタオルはscopeさんのhouse towel ベージュ ミニバスタオルを愛用していて、もう3年弱使ってるけど全然ヘタれないし、吸水性も凄いし大好きなタオルです。

この度グレーが出たというのでこの間買い足した。絶妙な色でさっそくコレもお気に入りです。(まとまりそうだったら本家に書こうかと)

 

本家でscope別注artek Stool 60 リノリウムを買った時に記事にしましたが、scopeさんのプロダクトって安くないです。全然安くない。

同じスツールでももっと安いものが売ってるんです。でも2,3万するscopeのスツールを皆さんが挙って買い求めて、SNSとかブログでレビューしたりするわけですよ。

私みたいに必死で予算とにらめっこしたり、いつかは欲しいなあって憧れたりする。

なんでかっていうとscopeさんのプロダクトにそれだけの「価値」を見出してるからなんですね。当たり前のこと書いてますが!(笑)

スポンサーリンク

「価値」を作るということの重要性とエグさ

価値を「作る」ということ。scopeというネットショップから見えたプロモーション

価値は目に見えるものだけじゃない

最近よく思うんだけど、年を経るにつれて買うものの平均単価が高くなってきて(服飾とか雑貨とか)、高いお金出すからにはやっぱり理由って必要じゃないですか。

単純に「もういい年だから服や雑貨にもお金かけないと」っていう人もいるかもしれないけど、それでも「安くてもいいものがある」っていうことは判ってるから理由もなく高いもの買う人のほうが少ないと思うんですわ。

例えば「30代だからファストファッション着ません」みたいな極端な考え方するより、「ユニクロでもブラトップはいいな」とか「流行り廃りがあるものはZARAで買おう」とか「コートは生地が安いのがバレるからやめとこう」っていう柔軟な考え方のほうが利口というか自然な気がする。

ちょっと話がズレたけど、scopeさんのオリジナルプロダクトに何故価値があるように感じるかっていうと「作り手の想い」が全部見えるからなんですね。

着想、製作中の過程、リリースに際し大変だったこと、使い方の提案とかもう全部が全部あの商品詳細ページやメルマガに書いてあるわけです。

商品の価値って「素材」だったり「設計」とかっていう眼に見えるものだけじゃなくて、作り手がどういう想いをもって商品を作っているかっていうことも「価値」のうちだなあって本当に感じる。その商品が作られた背景とか積極的に知りたい。

極端に言うと、同じ商品で同じ価格でも「必死でやってる好感度の高い店」と「片手間にやってる好感度の低い店」だったら絶対前者から買うでしょう、という話。

それが自分が共感できることだったら大きな「価値」になりえる。scopeさんの情報発信ってつまり商品の価値の発信なんですよね。商品写真のおしゃれさとかっていう別の理由もあると思うけど、人気の理由に情報発信の巧さ(価値をつくる、発信する)というのは大きなところだと思っています。

「木屋」さんの打出しフライパンはYahooの公式ショップで買えますよ

でね、ちょっと最近夢から覚めたかんじになったしまったんですけど、最近scopeで取扱い開始した「木屋 打出しフライパン」っていう商品があります。

鉄のフライパンをそろそろ買おうと思っていた私にとっては「これは欲しい!」と思えるものでした。しかしアッサリ売切れちゃったし、再販した時もスタンバってたんだけど、買えませんでした。(お買い物かごに入れるところまでは行ったのになー!)

シャチョウのメルマガでも「ウエイティングリスト入るかも?」みたいなことが書いてあったので「いつ手に入るんだ…(遠目)」となったわけです。

別にタイアップ商品じゃないから他のサイトで売ってないのかなーと思って調べたら木屋さんの公式HPとYahooショッピングサイトで普通に売ってるんですね。

これ見つけた時に前述のとおり「夢からさめた気持ち」になったんですね。

いや、判ってるんですよ。飽くまでscopeさんは自分たちの利益のためにページ作ってプロモーションしてるわけだし、自分のところに商品が定期的に流通しないからって「こっちで買えますよー」みたいな発信って自分たちの利益をまるまる無くすことになるから、言うわけないのは判ってるんです。

しかもどうせならscopeで買いたいっていうファンの方も多いし、実際木屋さんのこのフライパンは楽天ではscope以外に取扱いがないから楽天ポイント貯めてる方にとっては別にそれでいいわけです。

でもなんかモヤモヤするんだよね…!私はY!ショッピングだとTポイント5倍つくし、scopeさんに義理立てする必要もないにわかファンだからかもしれませんが。

「商品の価値をつくるエグさ」を感じてゾッとしたのと同時に「まあ、そういうもんですよ」って冷めた気持ちになりました。

ユーザーに真摯であり続けなければいけないっていうのはプロモーションの基本だと思うんだけど、情報操作もプロモーションの基本なんですよねー。難しいよねー。

先進的なことをやる人は叩かれる

価値を「作る」ということ。scopeというネットショップから見えたプロモーション

大好きな長角皿!


ちょっと前にはてなの方で「メディアクリエイターVS老害」みたいな話題で盛り上がってて興味深く見てました。

それとSMAP解散騒動で見えた「ユーザーを無視した業界の古いしきたり(移籍したタレントは2年使わないのが暗黙の了解とか)」みたいなものの気持ち悪さって似た部分があるなーと思っていました。

30代という年齢っていうこともあるのかもしれませんが、新しいことに挑戦する若者VS旧体制に拘り続ける老害が色んな所で起こってると感じる。私も社内で感じる部分があって、他人ごとではありません。

別にどっちがいいとか悪いとかっていうのは、それぞれ違うんだけど、旧体制派はユーザーに目線が向いていないことが多いというのは間違いない気がする。

scopeさんのインステグラムの企画に乗っかってみた


scopeさんで現在インスタグラムでやってる「スコープ計画002」に乗っかるために先日ホットケーキ作りました。

いかにも「これを2人で分けて食べるよ☆」みたいにしてますけど、1人で食べたからね!量が多すぎて吐きそうになったからね!!滅多に買えない苺とかブルーベリーとか買って頑張ったんだからね!(笑)

【#スコープ計画002 特別価格】 2/29まで1世帯1枚限りArabia (アラビア) Eeva オーバルプレート25cm

要するに破格でArabia Eevaを1世帯1枚だけ買えて、さらにそれを使った写真をインスタにあげてscopeのサイトでリグラム(シェア)されたら好きなブランケットもらえるよ!っていう企画です。超魅力的。既に500枚以上の写真がアップされてます。

で、ちょっと気になったのがメルマガの内容。

●今回みたいな企画は
●業界的にNGっぽいけど
●莫大な広告費を払うより
●ユーザーに払った方がよく
●ない?という発想であって
●僕は凄く楽しいので今後も
●ガンガンやっちまいたいと
●そう思うんですけど、皆様
●どーでしょ。他社、業界から
●なんと言われようとも
●スコープを利用してくれる
●皆が楽しく盛り上がって
●生活が変わればいいです。

scopeメルマガより引用。ブログでも読めます。

だよね!と力いっぱい思う反面、「これは固定ファンが一定数以上ついてるから言えることだよなー」と思う。

だから一定期間苦しくても自社メディアの影響力とか発信力を強めていくしかないんですよね。どこの業種でも。そうすればどんどん好きなことができるし、正しいことができる。

確かにこの状況で叩かれても「悔しかったらやってみろ」って思います。どんだけ業界で叩かれてもユーザー側には伝わらないしさ。

まとめ:scopeさんの今後の展開も楽しみにしております

価値を「作る」ということ。scopeというネットショップから見えたプロモーション

別角度


最近感じたことをまるめて無理矢理scopeさん関連でくくっちゃったので、文字量多いし、あっちこっちに話題が飛ぶ記事になりましたが、こういうことを自分でまとめてみるのはやはり楽しいです。

ちょっとプロモーションの裏側みたいなものを覗き見してしまった若干冷めた部分もあるんですが、今後もscopeさんのオリジナルプロダクトには期待してますし、予算と相談しながら生活に取り入れていきたいなーと思います。

リグラムされないと思うけど、万が一されたら欲しいのこれ▼HOUSE IN THE FOREST グレー!

応援おねがいします

ブログ村ランキングバナー

にほんブログ村トラコミュ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする