私を構成する9枚を選んでみた。30代の今の私をつくった音楽たち

はてなブログの旬のトピック「私を構成する9枚」が面白かったのでやってみました。

通勤中ずっと音楽聴いてる

私を構成する9枚を選んでみた。30代の今の私をつくった音楽たち
おうちの中でこだわったスピーカーでゆっくりお茶飲みながら音楽鑑賞…みたいな趣味はないんですが、通勤中はずっと音楽聴いてます。

ないと周りの雑音が気になりすぎて気分が悪くなるし、なんとなく落ち着かない気分になります。ちなみに4,000曲くらいiPhoneに入ってる。

ただ「どんな音楽聞くの?」と言われると本当に困る。

邦楽のほうが多いけど洋楽も聴くし、アイドルもボカロも気になったのは何でも聴きます。ただ滅多に新規開拓はしないからある程度メジャーな音楽が多いなあというかんじです。

一回ハマると3か月ぐらいずっと同じアルバムを狂ったようにリピしてることもあるし。一度好きになると長いからしつこいだけであんまり傾向はない。

洋楽っぽい邦楽、邦楽っぽい洋楽が好きなのかなーと思うことはあります。

私を構成する9枚

私を構成する9枚を選んでみた。30代の今の私をつくった音楽たち
9枚だと難しいんですが、音楽を聴くようになった中学生~今までの私を作った音楽ということで私世代のいうところの「懐メロ」もあるし、最近のアルバムもあります。

とにかく「死ぬほど聞いたアルバム」を集めてみた。順不同です。

1.Mr.S/SMAP

2014年9月頭に発売して、11月下旬まで延々聴き続けていたので間違いなく2014年一番聴いていたアルバム。

SMAPの最新アルバムなんですが、SMAPについては最新アルバムが最高傑作だと思って間違いないと思う。このアルバムおそろしく良いです。

このアルバムを出す前珍しくSMAPさん珍しくシングルたくさん出してたので(しかも両A面ばっかり)「シングルばかりのアルバムになったら嫌だなー」と思っていたんですが、全く心配なかった。

好きな曲が挙げられないくらい全部好き。

アルバムのテイストにあわないシングル曲さくっと切って、尚且つ収録するシングル曲もアレンジ加えてアルバムのテーマに合うようにして、でもJoy!!だけはそのまま入れるっていう細やかな設計最高か!

SMAPのことになると語りがウザくて済みません。もうやめます(笑)

2.DISCOVERY/Mr.Children

中学校~20代前半くらいまでミスチル大好きでした。最近あんまり聴いてないし、最新アルバム買ったものの「う~ん」というかんじなので最近卒業気味ですが、私をつくったアーティストなのは間違いありません。

憧れすぎて初めて横スタで桜井さんの声聞いたときはライブ始まって3秒で号泣した(笑)

今回のこの記事書くにあたって、wikiのリストを見てたんだけど、たぶんDISCOVERYが一番聴いたアルバムかと。

深海」(1996)から入って、「I ♥ U」(2005)くらいまで凄く好きで、その中でも一番好きだったのはこのアルバムです。

ミスチルは断然バラードよりロックっぽい曲が好き。(だから最近のアルバムにピンと来ないのかもしれない)

3.Telescopes/Waking Ashland

好きなブログで紹介されてて気になったのでレンタルしたのが始まり。このアルバムに収録されたエモい洋楽が好きになったのも「I am for you」がきっかけです。結構日本でも人気曲みたいですね。(知ってる人に会ったことないし、滅多に話題にあがらないけど)

ピアノの音が好きだなーって初めて認識したし、それまで洋楽はUKロックばっかり聴いてこともあって自分の中で革命を起こしたアルバム。もうバンドがないのが残念。(We Shot The Moonも好きだけどね)

凄い神経過敏になってて、日本語の歌詞も受け付けないときによく聴きます。落ち着くし、テンション的にあうのがとてもヨイ。私にとってのヒーリング曲。

4.空はまるで/MONKEY MAJIK

ふつうに「Around The World」でハマった勢です。2012年くらいまで真面目にシングルも買ってたんですが、最近ご無沙汰。ライブも3,4回行ったかな。

私の中で洋楽っぽい邦楽といえばMONKEY MAJIK。(まあ半分カナダ人のバンドだしね)声も好きだし、日本人にフィットするオシャレさが凄くツボ。

吉田兄弟とコラボした「change」という曲がもう好きで好きで。ライブで聴いたとき鳥肌ものでした。全世界の中で一番好きな曲どれって聞かれたら候補に挙がるくらい好き。

ツインボーカル(カナダ人兄弟)のふたりはそれぞれソロプロジェクトもやってて、そちらもすごくいい。

クラブミュージック好きな方は是非お兄ちゃんのアルバムをおすすめしたい。

5.GOLDEN YEARS Singles 1996-2001/THE YELLOW MONKEY

私が好きになったのは「バラ色の日々」(1999)くらいからで2001年には最後のシングル「プライマル。」が出ていたので、活動期間中を多く知っているわけじゃないのですが、その最後の2年間のシングルが出す曲出す曲全部好きでドハマりました。

「プライマル。」好きすぎて、自分のお葬式でかけるんだったらこの曲だなって真面目に思ってる。

ありがとう絆と先々の長い願い

このフレーズ好きすぎて、真剣に聴くと泣いてしまう。

SICK」もだいぶ聴きました。

そして今年になって再結成のニュースが!喜び勇んで有料会員になって、ツアチケ申し込んで今当落を待っているところ。わくわく。

どうでもいいけど、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTもJUDY AND MARYも好きになった瞬間に活動休止とか解散したので、当時「自分バンドクラッシャーか?」って本気で心配してた(笑)

6. It Won’t Be Soon Before Long Import/MAROON5

MAROON5はたしか洋楽に興味を持ち始めたときに、地元(田舎)のCDショップに行ってポップとかを見ながら2枚選んだうちの1枚。(もう1枚はArctic Monkeysだった気がする)

洋楽何聴く?って聞かれたときに「MAROON5」って応えるの恥ずかしい気すらするんだけど(笑)普通にいいと思うし、聴きやすい。

洋楽は一時期とりあえず判らないからなんでも試してみよう精神でいろいろ聴いてたんですが、最終的にガチャガチャしたロック(薄っぺらい表現ですみません)は生活に定着しなかったな。

アダム・レヴィーンの声がすごく好きっていうのも聴き続けている理由のひとつかも。

7.Life in Cartoon Motion/MIKA

友人におすすめ~と発売当初に貸してもらってハマったアーティスト。

「お祭!」というかんじが凄く好きで、聴いててわくわくします。このアルバムを見ると「音楽って自己表現だな」改めて思う。何回リピっても飽きません。

楽しい気分のときに聴くと相乗効果がある気がして、積極的に聴いてます。金曜の夜にこのアルバムを聴きながら帰るとハッピー。

8.pure soul/GLAY

1996年~1999年くらいまでだいっっっすきでした!中2~高1かな?伝説の20万人ライブも行ってます(笑)

私と同じ世代の方だったらわかると思いますが、「ラルク派、GLAY派、LUNASEA派」みたいなのがあって、それとは別にKinki Kidsが好きな子がいて…みたいな世代ですよ。(懐かしすぎる)

ちなみにHISASHIさん贔屓。(今でもTwitterフォローしてる!)

んで、何故か2006年ごろにまた再燃してCD買ったり、FC入ったり、ライブ行ったりっていう時期がありました。あの発作みたいなのなんだったんだろう(笑)

今でもイントロ聴いただけで当時の曲はわかるから本当にあのころの熱量ってすごかったなあと思う。

9.The Swinging Star/DREAMS COME TRUE

これと「DELICIOUS」でおそろしく迷った!小学校5,6年のときにお姉ちゃんがいた友人がいて、CDの貸し借りとかしてて、その中で「DELICIOUS」が混じってまして。

んで、ドリカムを好きになって、親にThe Swinging Starを買ってもらったのか、レンタルしてもらったのかして聴いてました。

小学生のくせにドリカムの曲を聴いて「この切ない気持ちめっちゃワカル」みたいなこと言ってるような子どもでした(笑)

この年になっても数年に一度ブームが来て、その度にアルバム買ったりしてる気がする。ドリカムワンダーランドいつか行きたいってずっと言ってます。

あと私家でめっちゃ鼻歌うたう人なんですが、「行きたいのはMOUNTAIN MOUNTAIN」と「眼鏡越しの空」はかなりの頻度で歌ってます。なんでだろう。

懐メロからリアルに今ツボなアルバムまで。考えるの楽しかった!

私を構成する9枚を選んでみた。30代の今の私をつくった音楽たち
9枚選ぶの大変でしたが、面白かったです。自分の歴史を紐解くような感覚。予想以上に長文になってしまった。

ちなみに女性アーティスト少ないですが、PerfumeもTaylor SwiftもAKB(Not yet派)も好きです!椎名林檎も入れたかった…。(去年、夏の間「長く短い祭り」ずっと聴いてた)

たまにこうやって振り返るのも楽しいですな。また5年後とかにやりたい。

応援おねがいします

ブログ村ランキングバナー

にほんブログ村トラコミュ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする